コラムCOLUMN

【今度こそ】障害者雇用で失敗しないための秘訣3つのポイント【初めてでも】

障がい者雇用促進法の法定雇用率が上がっていく現状で、
どのように障がい者雇用を進めれば失敗しないのか、
または失敗を経験した企業は今後どういった取り組みをするべきかお考えではありませんか?

そこで、障がい者雇用で失敗しないための秘訣3つを説明します。

ポイント① 障がい者雇用の目的を明確にする

義務だから採用するという意味ではなく、
業務内容を明確にし、その業務を担ってもらうことで企業側にメリットがあり、
雇用されている側も業務に携わりながら、社会人としての達成感が得られることを目的とすることです。

決して時代遅れの雑用を任せるような仕事ではなく、かと言って難しすぎるものでもなく、
障がいの特性を考慮した「適度な業務内容」を考える事が重要です。

ポイント② 障がいや障がいのある方への理解を企業全体で深める

障がいの程度は様々です。
同じ障がいを持つ人でも全く同じではなく、
その日の体調や精神状態、本人の持つ性格などでも対応は変わってきます。
障がいについて研修すれば、全て解決するという単純なものではありません。

そのことを踏まえて、企業全体で穏やかな気持ちを持って「仕事のパートナー」として接し、
定期的に面談や相談の時間を作り、コミュニケーションを積極的に取ることが必要です。

ここで重要なのは、障がい者への気遣いや配慮は必要ですが、
”遠慮”となって業務に支障が出ないことを目指す事です。

ポイント③ 企業インターンを行う

企業インターンで職場を体験してもらう事です。
ここでは選考を気にすることなく、参加者は視覚的・感覚的に、
業務内容と職場の環境が自分に合うのかを確認できます。

そこで、自分に出来そう、自分に合っていると感じた方が雇用前実習に参加し、
本人の気持ちが前向きであれば、面接や相談を行い、採用の流れとなります。

この手順を踏むことで、採用後のミスマッチが減り、結果離職率も下がります。

まとめ

障がい者雇用の法定雇用率を達成させることに重点を置くことは、企業として間違いではありませんが、
単純に障がい者雇用の採用人数を増やし、雇用率を達成させる事だけを考えると、大きな失敗の原因となります。

障がい者雇用で失敗しないためには、障がい者への理解を深めると同時に、
企業側の理念に共感してもらえる工夫をする事、
「企業側が考える障がい者雇用」と「就職希望の障がい者の考え」を合致させておくことが、
失敗しない最大のポイントと言えます。