クイズにチャレンジ!

     

     

    世界の障がい者雇用クイズ

    クイズにチャレンジして障がい者雇用虎の巻をゲット!

     

    参照:
    「法定雇用率上昇局面における障がい者雇用」~多様化・高度化する組織の再点検~ | NRI 野村総合研究所
    フランス及びドイツの障害者雇用促進制度について | 厚生労働省
    米国調査報告 ~障がい者のさらなる活躍・発信の可能性~ | NRI 野村総合研究所
    【障害者雇用】世界の障害者雇用制度!今後の日本の法定雇用率の展望 | 障がい者雇用支援サービス コルディアーレ農園 | 株式会社JSH

     

    Q1 ドイツの法定雇用率は?
    ※日本は2.3%です。
    A:2%B:3%C:4%D:5%
    ▼ 答え
    D:5%

    【解説】日本と比べると非常に高いですね。
    ちなみに実雇用率は4.6%と、やはり日本よりも高めです。
    ドイツでは、統合企業制度やIFDと呼ばれる就労支援機関制度など、複数の支援制度が定められています。

     

     

    Q2 フランスの法定雇用率は6%ですが、では実雇用率は?
    ※日本は2.15%です。
    A:2.3%B:2.8%C:3.3%D:3.8%
    ▼ 答え
    C:3.3%

    【解説】フランスでは履行の方法として、研修や仕事発注、協約もあります。
    ただ実雇用率を見ると、他国と比べて低めだと分かります。

     

     

    Q3 韓国では雇用達成率の違いによって納付金の額は変わりますが、
    達成率0%の企業で1カウント不足の場合、
    年間の納付金の金額はいくらになるでしょうか?
    ※日本は60万円です。
    A:約60万円B:約80万円C:約100万円D:120万円
    ▼ 答え
    C:約100万円

    【解説】日本と比べると高いですが、実雇用率も2.48%ですので日本よりも高い水準であることが分かります。

    韓国では、この納付金制度のほか、雇用差別を禁止する法律を定めています。

     

     

    Q4 下記にある国の中で法定雇用率を制定していない国は?
    すべて選んでください。
    A:アメリカB:イギリスC:イタリアD:中国E:台湾
    ▼ 答え
    A:アメリカ、B:イギリス

    【解説】世界を見ると、法定雇用率を定めている国のほうが少数派です。

    人種のるつぼ、多民族国家では「さまざまな特性をもつ人が同じ国で暮らす」という考え方が
    日本よりも色濃いことが考えられます。

     

     

    Q5 日本の障がい者雇用のモデルになった国は?
    すべて選んでください。
    A:韓国B:チュニジアC:ドイツD:台湾E:フランス
    ▼ 答え
    C:ドイツ、E:フランス

    【解説】第二次世界大戦を経験した日本は、すでに第一次世界大戦後から雇用率制度の考え方があった
    フランス・ドイツ型の雇用制度を取り入れました。

     

     

    メールアドレス(必須)次回の虎の巻イベントなど、約週1回メールマガジンをお送りします。
    企業名(必須)
    備考欄(何かございましたらご自由にお書きください。メルマガ不要の方はご記入お願いいたします)

     

     

    個人情報取得同意
    ご入力いただきましたお客さまの個人情報は、お問い合わせに関する回答以外の目的には利用いたしません。
    詳しくは「プライバシーポリシー」をお読みになり、内容に同意し送信してください。